クレンジングってなに? あなたの知らないクレンジング剤の種類

menu

pomme

クレンジングってなに? あなたの知らないクレンジング剤の種類

クレンジングのイメージ画像。

もっと知りたい!クレンジングのこと

女性なら日頃からつかっているクレンジング剤。あなたは何を基準にクレンジング剤を選んでいますか?

価格?
ブランド?
それとも、評判?

一口にクレンジング剤と言っても、いろんな種類があるってご存知でしたか?

今回は意外と知らないクレンジング剤のことを、いろいろご紹介させて頂きます!

 

クレンジング剤にはいろんな種類がある!

クレンジング剤は大きく分けて6種類あります。

  • オイルタイプ
  • ローションタイプ
  • シートタイプ
  • クリームタイプ
  • ミルクタイプ
  • ジェルタイプ

「 えっ!こんなにあったの!? 」と驚かれた方もいるかも知れませんが、最近では炭酸の泡で化粧汚れを落とすタイプもあって、クレンジング剤もいろいろ。

今回は、一般的に多く販売されている6種類のクレンジング剤の特徴をお知らせしたいと思います。

 

■オイルタイプ

その名の通り、化粧という” 油汚れ “を” 油 “を使って落とすクレンジング剤が、オイルタイプのクレンジング剤です。

肌へ馴染みやすく、落ちにくいメイクも素早く落とす高い洗浄力をもっているのですが、オイルタイプのクレンジング剤を使った後は洗顔料を使う必要があります。

2度洗いが前提なので、肌が弱い人は不向きかも?

 

■ローションタイプ

手軽に使えて、洗浄力もそこそこあるのが、このローションタイプのクレンジング剤。ローションタイプのクレンジング剤を使うときには、コットンに含ませて使うので、使うコットンによっては、肌が傷ついてしまうことも……。

ローションタイプのクレンジング剤を使うときには、肌をいたわりながら、優しく「 トントン 」と肌の汚れを落としましょう。

 

■シートタイプ

シートに含まれているクレンジング剤を使って、化粧汚れを落とすタイプのクレンジング剤。

手軽で簡単!酔っ払っている時にも、サクッと化粧を落とせるので、” 飲み “が多い女性にはオススメ!

ただし、シートで肌をゴシゴシと擦ると、当然摩擦で肌が傷んでしまうので、主力のクレンジング剤として使うのはビミョー。

アイメイクやリップなど、ポイント部分にだけ使うという使い方がベター。

 

■クリームタイプ

敏感肌の女性の肌に優しいクレンジング剤。肌に対する刺激が弱いので、すぐに肌が赤くなってしまうという女性は、コレを使って!

ただし、洗浄力はあまり期待できないので、アイメイクやリップなど” 濃い目 “のメイクをする時は、他のクレンジング剤と併用するようにしましょう。

とにかく肌に優しいタイプのクレンジング剤だから、肌トラブルが多い女性は、ローションタイプの方がいいかも?

 

■ミルクタイプ

洗浄力はあまり期待できないけれど、普段からナチュラルメイクの人には、ちょうどいいクレンジング剤です。

保湿力が高いタイプのクレンジング剤なので、乾燥肌の人には特におすすめ!

洗浄力が弱いから、優しくマッサージをするように、お化粧を落としてくださいね。ただし、洗い方が悪いと肌を傷つけることになるので、指の腹でやさしーく洗ってね。

 

■ジェルタイプ

肌に伸ばしやすく、メイクに馴染ませやすいファンデーションなどを落とすにはぴったりのクレンジング剤。

洗浄力はあまり期待できないので、マスカラなんかを落とすには不向きかも?

 

オールインワンのクレンジング剤のメリット

クレンジング剤によっては、それ単体では洗浄力が弱いものや、化粧汚れを落とす力が強すぎて、肌にダメージを与えてしまうものも少なくありません。

でも、化粧に合わせてクレンジング剤を使い別けるのがめんどくさいという人は肌に優しく、化粧汚れもしっかり落とすクレンジング剤を使うという手もありますよ!

複数のクレンジング剤を買うよりも、金額的にはお手軽だし、肌ケアにもなるから、肌トラブルで困っている人はオールインワンのクレンジング剤を使ってみてはいかが?

 

pommeオススメのクレンジング剤

肌ナチュール リッチモイストクレンジング

濃密なシュワシュワ~泡で化粧汚れを落とすクレンジング剤。

刺激が弱いのに、しつこい汚れも落とせちゃう!

 

D.U.O. ザ クレンジングバーム

UVカットもできる、すぐれもののクレンジング剤がこれ!

たったひとつで、しっかり汚れを落とせるから、めんどくさがりな女性には、これがぴったり!

 

エイジングケア基礎化粧品のシンリーボーテ【うるおいクレンジング泡ジェル】

頑固な汚れもするりと落とす、ノンケミカルなクレンジング剤。
ノーメイクの日も、洗顔剤として使える低刺激は、お肌に問題を抱える女性の味方です!

 

【まとめ】これでアナタもクレンジングマスター!

クレンジング剤の種類と、その特徴をご紹介させて頂きました。
「 えー!こんなに違うんだ! 」驚いた人もいたのではないでしょうか?

そうなんです、クレンジング剤ってこんなに種類も、使い方も違うんです!だから、自分の肌や目的に合わせたクレンジング剤を、本来ならば使うべき。

ただ、自分の肌に合わせたクレンジング剤を選ぶのが面倒という人は、オールインワンのクレンジング剤を使うという手もありますよ!

トータルコストで考えると、決して高くはないから、クレンジング剤を変えて肌を良くしてみるのも悪くないかも?

  1. オイルタイプは肌へ馴染みやすく、落ちにくいメイクも素早く落とす高い洗浄力があるけれど、その後に洗顔剤を使う必要アリ!
  2. ローションタイプは手軽に使えて、洗浄力もあるけれど、コットンによっては肌へのダメージになってしまうことも。
  3. シートタイプはめんどくさい時に、サクッと落とせる便利なクレンジング剤。ただ肌が傷ついてしまう可能性が大だから注意!
  4. クリームタイプは敏感肌の女性に優しいクレンジング剤。ただし、強い洗浄力は期待できないので、がっつりアイメイクは落とせない。
  5. ミルクタイプは普段からナチュラルメイクな人にオススメのクレンジング剤。保湿力が高いタイプでもあるので、乾燥肌の人はこれを使って!
  6. ジェルタイプはメイクに馴染ませやすいクレンジング剤で、洗浄力は弱いから、マスカラなんかは落とせないけど、肌に優しいクレンジング剤です。

 

この記事を書いたライター
アヤメ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

カレンダー

2017年8月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031